Yummy -Happy Life-

『食べる』って、楽しい! 嬉しい! 美味しい!
子供達の『食べる』が『しあわせ』でありますように
我が家の双子「そら」と「ひかる」の食事の記録と
「料理が苦手でも大丈夫!」な簡単レシピ
<< 離乳食 306日目 白身魚と野菜のあんかけ丼 | main | 離乳食 307日目 三色丼 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
掴み食べについて

子供達が1歳を過ぎたばかりのころ。
掴み食べについて真剣に考えたことがありました。

離乳食は後期の終りでしたが、我が家の双子は、一向につかみ食べをしようとしませんでした。
あまりさせなかったからしなかった・・・と言うべきかもしれません。

おせんべい・ボーロ・ビスケット。

これらはきちんと掴んで食べることが出来ていました。
握りつぶしてしまう時もあるし、落としてこぼして拾って、右手左手と試行錯誤。
でも、いつのまにか少しずつ上手になっていきました。
教えたわけではなく、自然に。
その時思いました。
これで・・・いいんじゃないかなぁと。

大人になっても、手づかみはします。
ハンバーガー、手で食べる。
枝豆、手で食べる。
おにぎり、手で食べる。
お酒を飲んで酔っぱらうと、箸を使うのが面倒で手づかみしたりする。
(過去の話ですけど)

手づかみできることは大切だと思います。
でも、いつかは自然と出来ることでもあります。
無理に「しなさい、しなさい」とさせることでもないかなあと感じます。

1歳になったばかりの彼らにバナナを器ごと差し出したら、
そらは、口を一生懸命開けて、「食べさせて」のポーズ。
いつまでも食べさせなかったら、口で器の上のバナナをがぶっ。
ひかるは、器をつかんでぶんぶん。
それぞれの手に持たせようとしたら、まずはちょこっと触れた時点で振り払う。
そんな状態でした。

「まだ時期じゃない」
つまりは、そういうこと。なのだろうと思いました。
もう少し、ゆっくり見守ってあげよう。
お菓子を手づかみで食べさせながら。
時々掴んで食べられそうなものを用意してあげながら。
そらとひかるの「やってみよう」が溢れてくるのを待ってみよう。
いつかは、出来るのだから。


そして、1歳4ヶ月の今。

フルーツはすべて手づかみで上手に食べています。
スプーンにだって興味が出てきました。
これといって教えたりはしなかったけれど、自分で食べることを自然にしていました。

「やってみよう」が溢れたんだなあと、そう受け止めています。

私が学んだイロんなコト
スポンサーサイト
-