Yummy -Happy Life-

『食べる』って、楽しい! 嬉しい! 美味しい!
子供達の『食べる』が『しあわせ』でありますように
我が家の双子「そら」と「ひかる」の食事の記録と
「料理が苦手でも大丈夫!」な簡単レシピ
<< 離乳食 338日目 さつまいもとアスパラの蒸しパンケーキ | main | 離乳食 340日目 パンプキンシチュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
離乳食 339日目 お好み焼き

掲載レシピ
 *お好み焼き
_______________

離乳食 339日目<完了期 22週目>(3回食 220日目)

1回目 7:20
ミルクトースト
イチゴとバナナ

そら 完食
ひかる 完食

ミルクトーストの下にイチゴとバナナを隠してある。
上から食べていくと大好きなフルーツが登場。



2回目 12:00

油揚げと水菜のごはん
かぼちゃとアスパラの鶏ひき肉あんかけ
イチゴ

そら 完食
ひかる 完食

かぼちゃがとても好きみたいで、かぼちゃから選んで食べていた。
大きなカタマリをスプーンで掬えるととてもうれしいらしい。



3回目 18:20

お好み焼き
味噌汁(麩といりごま)
バナナ

そら  完食
ひかる  完食

ホットケーキミックスでつくる「なんちゃってお好み焼き」ではなく、今日のは本格派。
ソースと青のりをいっぱいつけながらも手で食べた。
ひかるはとても気に入ったらしい。

お好み焼き

材料(直径10センチ位が2枚)
 卵 1個
 小麦粉 大さじ4
 だし汁(または、水) 1カップ
 ソース 少々
 青のり 少々
 かつおぶし 少々
 キャベツ 葉3枚
 A(お好みで)
  水菜 1/3株
  しいたけ 2個
  れんこん 輪切り2cmほど

1.キャベツ・水菜・しいたけはみじん切りにして、だし汁(または水)と共に火にかけて、先に少し柔らかくして粗熱をとる。
2.れんこんはすりおろしておく。
3.卵、小麦粉、れんこん、かつおぶしと1を(残っただし汁ごと)混ぜ合わせる。
4.熱したフライパンに3を流し入れて両面焼く。
5.食べやすい大きさに切り、ソースと青のりをトッピングして出来上がり。  

*野菜をあらかじめ火に通しておくと、焼く時にすごく楽です。子供達も食べやすいみたいです。その際にだし汁を使うとおいしいです。ただの水でも大丈夫です。少しずつ水分が蒸発して、水分が少なくなると思います。そのまま小麦となどと混ぜ合わせてしまいましょう。ちょっと水分多いかもと思ったら、少し残しておきます。
3の時点で固さを見て、水を増やすとか、小麦粉を増やすとかしていくといいです。
基本はホットケーキなどよりも少々軟らかめにしたほうが、子供達にはいいかもしれません。
薄いお好み焼きになりますが、そのほうが食べやすいみたいでした。
Aの野菜たちは、何でもいいと思います。冷蔵庫にあるものを適当に使ってください。
れんこんが美味しかったですよ!
ちなみに、かつおぶしは上からかけると子供達が食べにくそうにするので、中に入れてしまいました。



食べている様子は ⇒コチラ 『Happy Life』でどうぞ。
-
スポンサーサイト
-