Yummy -Happy Life-

『食べる』って、楽しい! 嬉しい! 美味しい!
子供達の『食べる』が『しあわせ』でありますように
我が家の双子「そら」と「ひかる」の食事の記録と
「料理が苦手でも大丈夫!」な簡単レシピ
<< 離乳食 340日目 パンプキンシチュー | main | 離乳食 342日目 カレー蒸しパンケーキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
離乳食 341日目 混ぜご飯(油揚げ・ひじき・水菜)

掲載レシピ
 *混ぜご飯(油揚げ・ひじき・水菜)
_______________

離乳食 341日目<完了期 22週目>(3回食 222日目)

1回目 7:20

ミルクトースト・イチゴジャムのせ 
バナナ

そら 完食
ひかる 完食

イチゴジャムがあるだけで、食べっぷりが全然違う。
ひかるはジャムを手でつかんで一生懸命口に入れていた。
そらは手を汚すのが嫌なのか、食べさせてー・・・と、本日は一切手を出さず。
ただし、バナナは自分で全部食べていた。
そらってば、結構手を汚すのが苦手。
ご飯粒でもなんでも少しつくと一生懸命取っている。



2回目 12:00

ごまご飯
キャベツとほうれん草の玉子焼き
味噌汁(長ネギと麩)
イチゴ

そら 完食
ひかる 完食

すべてスプーンで頑張って食べていた。
味噌汁は、スプーンを入れられるとこぼされる可能性が大なので、具だけ掬ってお皿に入れてあげた。
そしたらそれが思いのほか気に入ったようで、二人とも一生懸命食べていて、おもしろいなあと思った。



3回目 18:20

混ぜご飯(油揚げ・ひじき・水菜)
具だくさん味噌汁(さつまいも・豆腐・長ネギ)
バナナ

そら  完食
ひかる  完食

混ぜご飯はスプーンで。
味噌汁は具だけスプーンで。
そらは豆腐がすごく気に入ってしまって、どんなに小さいのでも、手を使ってでも食べていた。
ひかるは、さつまいもをいっぱい食べて、ご飯はひじきを一つずつ口から出して確かめてはまた食べる・・という、なんともちまちました食べ方をしていた。
いつもひかるは、そういうのが気になるんだよね。「ひかる」ならぬ「ちまる」なのだった。

混ぜご飯(油揚げ・ひじき・水菜)

材料(二人分)
 ごはん 160g
 油揚げ(いなりずし用味付け油揚げを使用) いなりずし1個分
 水菜 1/2株
 ひじき 大さじ1強
 水(またはだし汁) 40cc

1.油揚げ・水菜・ひじきは、食べやすい大きさ(小さめ)に切る。
2.ごはんに1を混ぜ合わせて、耐熱容器に入れ、水を加えてざっくり混ぜ合わせ、電子レンジ500wで2分、その後200wで3分加熱する。
3.5分ほど蒸らして出来上がり。

*混ぜご飯なのだけれど、簡単な炊き込みごはん風。こうすると、びしゃびしゃした感じもないし、ふっくらおいしく食べられると思います。
いなりずし用の味付け油揚げは、味付けする必要がなくて楽ちんです。ない場合は、醤油と砂糖で味付けしてもいいと思います。それも面倒な場合は、何も味付けしないで作っても、美味しいです。
味がついていると、ふうわり甘い風味の子供好みのごはんになります。





相変わらずお皿は検討中。
気に入ったものがみつかるまでは、いろいろ試しつつ今のをメインに使っていく予定。

[離乳食 完了期]17〜25週
スポンサーサイト
-